ケーススタディ

実際に後払い決済を導入した場合の運用イメージ、効果をご確認ください。

ケース1:代引きサービスに関する課題をお持ちの店舗様

業種 月商 決済サービス導入状況
アパレル 1,000万円 代引きサービスを導入済み

課題

  • お客様より、夜間しか在宅しておらず、受取できないとの声が寄せられ、受け皿となる決済を探していた。
  • お客様より、玄関で現金のやり取りを行うことに抵抗があるとの声が寄せられ、対応に苦慮していた。

ケース2:前払い決済に関する課題をお持ちの店舗様

業種 月商 決済サービス導入状況
食品 3,000万円 銀行振込サービスを導入済み
コンビニ前払いサービスを導入済み

課題

  • 入金確認できないと商品発送ができないため、こまめに入金確認作業を行う必要があった。
  • 期限までに入金がない場合、受注キャンセルとなるため、取り置き商品の販売機会損失となっていた。
  • 購入者へアンケートを取ったところ、商品を確認する前に支払いすることが不安との声が挙がっていた。

このページの先頭へ

ケース3:カード決済サービスに関する課題をお持ちの店舗様

業種 月商 決済サービス導入状況
化粧品 5,000万円 クレジットカード決済サービスを導入済み

課題

  • メインターゲットである、主婦層にはクレジットカードを所持していない方も多く、その方々の受け皿となる支払方法を検討していた。
  • 一部のお客様から、クレジットカード番号を入力することに抵抗があるとの声が挙がっていた。

このページの先頭へ

ケース4:自社で運営している後払い決済サービスに関する課題をお持ちの店舗様

業種 月商 決済サービス導入状況
健康食品 10,000万円 自社で後払い決済サービスを提供済み

課題

  • 請求書の発送業務・未払い分の回収業務が煩雑であった。
  • 未払い分回収業務の精神的負荷が大きく、担当者のモチベーション維持に苦慮していた。
  • 未払い分の会計処理方法に苦慮していた。