後払い決済代行サービスを導入するうえで事業者が注意すべき5つのポイント

EC通販における心理的ハードルを下げ、決済時の顧客離脱を防ぐために後払い決済を導入する事業者が増えていますが、一方で業務負担増加や未回収リスクといった問題も発生しています。これらの問題を解決するには後払い決済代行サービスの導入が有効です。本記事では、後払い決済代行サービスを選定するうえで、EC事業者がチェックすべきポイントをご紹介します。

目次
注目される後払い決済代行サービスのメリットとは
消費者側のメリット
事業者側のメリット
後払い決済時のリスクと解消法
後払い決済代行サービスを導入するうえでチェックすべき5つのポイント
①自社に合った料金体系があるか
②審査は早いか
③サポートは充実しているか
④システムの安定性や継続性が高いか
⑤信頼性のある企業か
JACCSの後払い決済代行サービス「アトディーネ」とは
お役立ち資料
決済時の顧客満足度向上でサイト離脱を防ぐ!「後払い決済導入前チェックリスト」

注目される後払い決済代行サービスのメリットとは

EC事業者が売上拡大を図るためには、購入意欲のある消費者がカート画面から離脱することを防ぐ必要があります。離脱の大きな要因として、希望する決済手段がないこと、決済完了までの手間が多いことが挙げられます。
カート画面のUI/UXを改善し、消費者にとって使いやすい工夫をすることも重要ですが、消費者が決済しやすい仕組みを導入することが特に重要です。
しかし、あらゆる決済手段を導入すると、運用コストの面で事業者の負担が大きくなります。そのため、消費者が求める決済手段を見極めたうえで、最適な決済手段を導入することが大切です。

こうした中、消費者と事業者双方にメリットのある決済手段として注目されているのが、後払い決済です。以下では、後払い決済を活用することで、消費者と事業者それぞれにどのようなメリットがあるのかご紹介します。

消費者側のメリット

まず消費者側のメリットは、クレジットカード情報などの入力が不要で、商品購入のための最小限の項目入力で決済が完了するという点です。セキュリティ面でクレジットカードの利用やEC自体に不安感のある消費者も、安心して商品を購入できます。
また、代引きのように商品到着のタイミングで現金を用意しておく必要もないため、購入時の心理的ハードルを下げる効果も期待できます

事業者側のメリット

事業者側のメリットは、EC通販を利用したいものの、“クレジットカードを持っていない”、または“クレジットカードを持ちたくない”消費者層の需要を取り込めることです。このような消費者は、クレジットカードによる即時決済が必要な場面で離脱してしまうリスクがありますが、後払い決済という選択肢が加わることで、離脱を防げます。

また、クレジットカードを利用する消費者は「ついで買い」をすることがよくありますが、後払い決済を導入することで、クレジットカードを持っていない消費者でもそうした購買行動をとることが期待できます。
さらに、「EC通販での注文操作に慣れていない」「商品がきちんと届くか心配」といった理由で、ECに消極的な消費者層の取り込みにも繋がります。

後払い決済時のリスクと解消法

一方、後払い決済では代金未回収のリスクがあり、未払いの消費者に対する督促などの業務負担も無視できません。しかし、こうしたリスクや負担は決済代行サービスを活用することで解消できます。請求書の送付や督促業務などを代行会社が行い、さらに商品代金も利用者に代わり立替払いしてくれるからです。

では、数ある決済代行サービスの中から何を基準に選定すれば良いのでしょうか。以下では、代行サービスを導入する際にチェックすべきポイントをご紹介します。

後払い決済代行サービスを導入するうえでチェックすべき5つのポイント

後払い決済代行サービスとは、後払い決済の導入により発生する業務を代行するサービスを指します。サービスによっては未回収リスクの保証もあるため、積極的に導入を検討すべきです。
自社に合ったサービスを選定するため、導入の際にチェックしておきたいポイントとしては以下5点があります。

①自社に合った料金体系があるか

導入にあたり、まず気になるのは料金面です。決済代行サービスの基本的な料金体系は、月額固定費と決済手数料からなります
多くのサービス提供会社では、後払い取引額の大小によって費用の大きさ(料金プラン)が変わるため、自社の1ヶ月あたりの取引額を算出したうえで、最適な料金プランを持つ会社を選ぶことが重要です。

②審査は早いか

審査の早さも重要な選定ポイントです。消費者が後払い決済サービスを利用する場合、与信審査が必要ですが、審査期間が長すぎると購入意欲のある消費者を逃してしまう可能性があります。
審査スピードは顧客満足度にも大きくかかわるため、自動審査といった、スピーディーな審査を実現しているサービスを選ぶことをおすすめします。

③サポートは充実しているか

サポート体制が手厚いかどうかもチェックすべきポイントです。
導入時に不明点があった場合の問い合わせへの回答や、登録作業・消費者のクレームに対するサポートがあるか確認しておく必要があります。また消費者へのサポートの充実度も、顧客満足度に影響するため重要です。

④システムの安定性や継続性が高いか

後払い決済のシステムの安定性や継続性もチェックする必要があります。万が一、システム障害が発生すると、機会損失のリスクがあるだけでなく、商品が届かない、もしくは届くのが遅れる、といった事態が生じるため、消費者からの信頼を失う原因となります

⑤信頼性のある企業か

後払い決済代行サービスを導入すると、請求書の送付や支払いの催促は代行会社が行います。知らない会社から請求書が届いた場合、「知らない会社から請求されている」と消費者から不信感を持たれる恐れがあり、未払いリスクになってしまうこともあります。最悪の場合、事業者のブランドイメージや信頼の低下につながってしまう可能性もあります。
また、代行会社の信頼性が低いと、情報漏洩のリスクが高いのではないかと消費者が心配することも考えられます。そのため、消費者に安心感を与えられる信頼性の高い会社を選ぶことが重要です。

続いては、これら5つのポイントを満たすサービスをご紹介します。

JACCSの後払い決済代行サービス「アトディーネ」とは

ジャックスグループが提供する後払い決済代行サービス「アトディーネ」は、後払い決済に必要なサービスを網羅しています。
審査スピードは業界トップレベルであり、API連携を行えば3~7秒で完了します。また業界最安水準の料金体系を実現しており、取引額に応じた最適なプランで本格的な運用が可能です。
さらに、ご提案から導入準備、導入後まで一貫して、専属の担当営業がサポートする体制を整えています。万全のセキュリティ体制に加え、認知度の高いジャックスグループが提供するサービスであるため、安心して購入できる点も魅力です。

このように、アトディーネは充実したサービスにより顧客満足度の向上を実現でき、事業者に大きなメリットをもたらします。

後払い決済代行サービスの導入で知っておくべきチェックポイントをより詳しく知りたい方は、以下の資料もあわせてご覧ください。

お役立ち資料

決済時の顧客満足度向上でサイト離脱を防ぐ!「後払い決済導入前チェックリスト」

EC通販における心理的ハードルを下げ、決済時の顧客離脱を防ぐために後払い決済を導入する事業者が増えていますが、一方で業務負担増加や未回収リスクといった問題も発生しています。これらの問題を解決するには後払い決済代行サービスの導入が有効です。本記事では、後払い決済代行サービスを選定するうえで、EC事業者がチェックすべきポイントをご紹介します。

資料ダウンロード
このコラムを書いたライター
アトディーネ運営事務局
アトディーネは、ジャックスグループが提供する通販・EC事業者のための後払い決済サービスです。
アトディーネ運営事務局が、支払い業務に関連する情報をわかりやすく紹介します!