後払い決済と従来の決済サービスとの違いは?
メリット・デメリットを徹底解説!

後払い決済とは、ネットショッピングやオンラインサービス利用の際、後から代金を支払う決済サービスのことです。従来の決済サービス(先払い、代引き、クレジットカード)と比較してどのような違いがあるのでしょうか。本記事では、後払い決済と従来の決済サービスのメリット・デメリットについて紹介します。

目次
後払い決済の特徴
後払い決済とは
従来の決済方法との違い
後払い決済 従来の決済サービスのメリット・デメリット
従来の決済サービスメリット
従来の決済サービスデメリット
後払い決済メリット
後払い決済デメリット
どのようなニーズをもつ企業が後払い決済導入にふさわしいのか
幅広い客層に利用してもらいたい
機会損失を減らしたい
後払い決済のデメリットを解消!後払い決済代行サービス「アトディーネ」
お役立ち資料
若年層・高齢者層向けECには必須?!の決済手段「後払い決済のススメ」

後払い決済の特徴

後払い決済とは

後払い決済とは、ネットショッピングでの商品購入時やサービスの利用時に、代金を後で支払う決済方法のことです。請求書は商品に同梱されるか郵送で届き、期日までにコンビニや銀行、郵便局で支払います。海外での後払い決済の市場は年々拡大しており、発展途上の日本においても今後後払い決済サービスの利用が拡大する可能性があります

従来の決済方法との違い

従来の決済方法として代表的なのは先払い、代引き、クレジットカード払いです。

先払いは、振り込み後に商品が発送されるため、事前に商品の状態を確認できません。後払い決済なら、商品を確認してから支払いができます。期日内であれば支払いのタイミングは自由です。

また、代引きは商品の受け取りと同時に代金を支払うため、代金の用意が必要です。後払い決済であれば、持ち合わせがなくても購入できます。

クレジットカード払いはカード情報の入力が必要であり、情報漏洩のおそれや不正利用のリスクがあります。また、利用金額が把握できない、使い過ぎてしまうといった理由からクレジットカードを持たない人もいます。後払い決済であれば、現金支払いなので情報漏洩の可能性は低く、使い過ぎに関しても金額を意識して利用できます。

後払い決済について詳しく知りたい方はこちらも御覧ください。

後払い決済 従来の決済サービスのメリット・デメリット

従来の決済サービスメリット

先払いであれば、代金の振り込みを確認してから商品が発送されるため、未払いは発生しません。
代引きは、配達業者と顧客間でのトラブルによる、入金後に商品が届かないといったクレームが発生するというようなネットショッピングにありがちなトラブルが起きません。
クレジットカード決済では、現金管理の手間の省略や、顧客単価が上がりやすいといったメリットがあります。

従来の決済サービスデメリット

先払いでは、購入者がコンビニ端末やATMでの振り込み作業が手間により支払いを面倒に感じたり、商品が届くか不安になったりして、入金を取りやめることがあります。
代引きでは、現金を用意して自宅で待たなければいけません。商品の代金だけでなく、配送料・代引き手数料を運送業者に支払わなければならず、手間がかかります。
一方、クレジットカード決済は不正アクセスによる個人情報漏洩のリスクがあり、最悪ECサイトを閉鎖しなければならないこともあります。

後払い決済メリット

後払い決済は、商品の到着後、品質を確認してからお支払いができることにより、消費者の利用ハードルが下がる可能性があります。そのため、ネットショッピングに不安がある消費者を新規顧客として取り込むことができます。
代引きは、当日現金の用意が必要ですが、後払い決済は現金がなくても受け取れるので、持ち戻りのリスクを低減できます。
クレジットカード決済はカード情報の登録が必要ですが、後払い決済の場合は名前や住所といった簡易的な情報で注文ができるため、途中離脱の可能性を低減することができます。
また、クレジットカード保有率の低い、主婦や学生、高齢層の方なども取り込むことができるので売り上げアップが期待できます。

後払い決済デメリット

後払い決済を導入した企業は、請求書の発行や入金管理、問い合わせ対応、未入金者への督促といった業務が必要になり、業務上の負荷が増えます。後払い決済で発生する手数料も支払う必要があります。
最初から支払う気がないのに商品を買う、悪質な消費者に遭遇するかもしれません。最悪の場合、代金が回収できなくなります。
これらのようなデメリットは後払い決済代行サービスを利用することで解消することが可能です。

どのようなニーズをもつ企業が後払い決済導入にふさわしいのか

では、どのようなニーズをもつ企業が後払い決済を導入すべきなのでしょうか。
本章では、導入すべき企業が感じている3つのニーズを紹介します。

幅広い客層に利用してもらいたい

クレジットカード払いではカード情報の入力というセキュリティリスクや利用状況が見えづらく使いすぎが心配である、収入、年齢の関係でカードを作れないといった理由からクレジットカードを利用しない・できない人に使えない支払方法であるため、客層が一部に絞られてしまいます。
後払い決済であれば、このような決済方法の不便さ・リスクの高さからネットショッピングを利用しなかった人にも利用してもらえる可能性が高まるため、幅広い客層に利用してもらえることができます。

機会損失を減らしたい

後払い決済であれば、クレジットカードが必要なく、現金が手元にないときに購入することができるため、顧客の「今、買いたい!」といった気持ちが冷めにくく、商品購入につながりやすくなるため、顧客の購入機会の損失を減らすことができます

とはいえ、自社で後払い決済を導入する場合は先述したようなデメリットがあり、導入に踏み切れない方もいるでしょう。そこで紹介するのが、後払い決済代行サービス「アトディーネ」です。

後払い決済のデメリットを解消!後払い決済代行サービス「アトディーネ」

アトディーネは、ジャックスグループが提供する通販・EC事業者のための後払い決済サービスです。請求書の発行や入金管理、問い合わせ対応、未入金者への督促といった後払い決済に関する業務を代行するため、自社での業務は審査依頼と配送伝票番号の通知のみです。また、ジャックスグループは購入者の認知度が高いため、安心して利用してもらえます。

以下のリンクから、サービス資料がダウンロードできます。後払い決済に興味を持った方、アトディーネについてもっと知りたい方はぜひご覧ください。

お役立ち資料

若年層・高齢者層向けECには必須?!の決済手段「後払い決済のススメ」

後払い決済とは、ネットショッピングやオンラインサービス利用の際、後から代金を支払う決済サービスのことです。従来の決済サービス(先払い、代引き、クレジットカード)と比較してどのような違いがあるのでしょうか。本記事では、後払い決済と従来の決済サービスのメリット・デメリットについて紹介します。

資料ダウンロード