代引き決済における「商品お届け」の課題を解決する後払い決済とは?

ECにおいて代引き決済は有力な決済手段ですが、事業者側の負担が大きくなるというリスクも孕んでいます。代引き決済の利便性は維持しつつ事業者側の負担を軽減するには、後払い決済の導入が有効です。本記事では、代引き決済で生じる課題を解決する後払い決済の特徴や、後払い決済代行サービスについてご紹介します。

目次
代引き決済で生じる受取拒否・注文キャンセル、持ち戻りへの対応
往復送料・代引手数料を負担しなければならない
送料・手数料の請求業務が発生する
再販できない商品の場合、廃棄処分することになる
代引き決済で生じる事業者側の負担を低減する後払い決済とは
受取拒否・注文キャンセル、持ち戻りが発生しにくい。後払い決済の3つの特徴
不在時でも宅配ボックスにお届け可能
代金の準備がなくても商品をお渡し可能
与信審査によって不正な注文を排除
代引き決済にかかる工数・費用にお困りの場合は後払い決済導入の検討を!

代引き決済で生じる受取拒否・注文キャンセル、持ち戻りへの対応

ECにおいて代引き決済は、商品受取時に支払いができることから、情報漏洩のリスクが気になる、またはクレジットカード以外での支払いを希望する消費者からのニーズの高い決済手段です。

しかし利便性の高さの一方で、いたずら注文や、商品がイメージとは違うと感じたり、購入したことを忘れていたりする消費者による「受取拒否」や「注文キャンセル」も多く発生しています

また、現金の持ちあわせがない、配送時に留守だった、といった場合には「持ち戻り」が発生します。こうした受取拒否や注文キャンセル、持ち戻りが発生した際には、事業者側で対応することになります

具体的にどのような対応をしなければならないのかご紹介します。

往復送料・代引手数料を負担しなければならない

受取拒否や持ち戻りなどが発生した場合、商品の発送にかかった往復送料・代引手数料は、基本的には事業者側が負担し、配送業者へ支払う必要があります。往復送料や手数料は1,500~2,000円ほどが相場ですが、大型商品の場合はさらに高額です。数件の対応では大きな額でなかったとしても、積み重なると無視はできません

送料・手数料の請求業務が発生する

ECサイト上に“受取拒否の場合の対応方針”を明記しておくことで、消費者に往復送料や代引き手数料を請求することもできますが、その請求業務に都度対応しなければならずバックヤードの工数が増えてしまいます。その結果、売上拡大業務に充てる時間が圧迫され、事業の成長を鈍化させることにもつながりかねません

再販できない商品の場合、廃棄処分することになる

受取拒否やキャンセルが発生した場合、出荷にかかった資材や時間が無駄になります。さらに、返送された商品によっては再販ができず廃棄処分になるケースもあります。廃棄処理では手間だけでなく商品自体がロスとなるため、回数を重ねるほど負担は大きくなってしまいます。

このように代引き決済に伴う受取拒否や注文キャンセル、持ち戻りには事業者側に業務負担や追加コストが発生します。

代引き決済の利便性は維持しつつ上記のような事業者側の負担を低減するためにはどうすれば良いのでしょうか。有効な決済手段を以下でご紹介します。

代引き決済で生じる事業者側の負担を低減する後払い決済とは

代引き決済に代わる決済手段として、「後払い決済」があります。後払い決済とは、商品受取後にコンビニ・銀行・アプリ決済・郵便局などで支払いができる決済サービスです。

支払い期限内であれば、任意のタイミング、かつ、身近な施設やスマホから支払いできるため、消費者にとって利便性の高い点が特徴です。クレジットカードがなくても利用できることや情報漏洩のリスクの低さなど、代引き決済のメリットも押さえています。
また、後払い決済であれば受取拒否・注文キャンセル、持ち戻りの発生を防げるため、これらの業務にかかる事業者側の負担を低減できます。

なぜ後払い決済は事業者側の負担を低減できるのでしょうか。その理由を後払い決済の特徴と共に以下でご紹介します。

受取拒否・注文キャンセル、持ち戻りが発生しにくい。
後払い決済の3つの特徴

後払い決済には3つの特徴があり、これらにより受取拒否・注文キャンセル、持ち戻りの発生を防ぎます。

不在時でも宅配ボックスにお届け可能

代引き決済では配達時に対面で支払いを行うため、消費者が不在の場合は持ち戻りが発生します。
しかし、後払い決済なら不在の場合でも宅配ボックスを利用できるため、持ち戻りを防ぐことができます。

代金の準備がなくても商品をお渡し可能

代引き決済では配達時に代金を用意しておく必要がありますが、後払い決済では、配達時には支払いしないため、代金の準備がなくても配達を完了できます

与信審査によって不正な注文を排除

後払い決済代行サービスを利用すれば、いたずらなど悪質な注文や受取拒否を回避できます。
なぜなら、注文情報をもとに決済代行会社が与信審査を行うことで、信頼度の低い消費者からの注文を事前に回避できるからです。

代引き決済にかかる工数・費用にお困りの場合は
後払い決済導入の検討を!

以上のように、後払い決済は受取拒否や注文キャンセル、持ち戻りが発生しにくく、代引き決済の利便性も押さえているため、事業者が導入しておきたい有力な決済手段です。
後払い決済は自社で運用することも可能ですが、アウトソーシングすることで未払いに伴うリスクは後払い決済サービス提供会社が負担してくれるのでお勧めです

ジャックスグループが提供する後払い決済サービス「アトディーネ」は、業界トップレベルの審査スピードを誇り、与信時間の削減が可能です。手数料は業界最安水準であり、取引金額に応じた最適なプランを選択できます。
大手信販会社のジャックスグループだからこそ、消費者側も安心感を持って利用できます。

アトディーネのサービスの詳細は以下よりご覧ください。


以下のページでは後払い決済の特徴や導入メリットなどをご紹介しています。後払い決済サービスやアトディーネに興味を持たれた方はぜひご覧ください。

このコラムを書いたライター
アトディーネ運営事務局
アトディーネは、ジャックスグループが提供する通販・EC事業者のための後払い決済サービスです。
アトディーネ運営事務局が、支払い業務に関連する情報をわかりやすく紹介します!