【調査結果サマリー】
消費者の年齢・クレジットカードの有無から見る!2022年版「後払い決済」印象調査

EC・通販事業者は、消費者がECサイトを利用する際の考え方や消費者の特性を理解し、適した決済手段を取り入れながら、新規顧客の獲得率向上に努めなければなりません。本記事では、後払い決済に関する印象調査の結果や、新規顧客獲得のためには後払い決済の導入が有効である理由、後払い決済が持つメリットについてご紹介します。

目次
調査概要
調査結果サマリー
「後払い」はECサイトの印象アップに寄与している!特に若者からの印象が良い
「後払い決済」を使用したことがない消費者のうち32.4%が使ってみたいと思っている
15~19歳の約半数は「後払い決済」を使ってみたい
「後払い決済」を使ってみたい理由
初回利用のECサイトでのクレジットカード保有者の決済方法
初回利用のECサイトでのクレジットカード未保有者の決済方法
考察~印象調査から分かる「後払い決済」導入のメリットとは
お役立ち資料
【2022年版】
消費者の 年代・クレジットカードの有無から見る!「後払い決済」印象調査

調査概要

当社では、コロナ禍での消費者のネットショッピング利用と決済手段に関して現状を調査するため、2022年2月にネットショッピングに関するアンケート調査を行いました。調査の概要は以下のとおりです。

調査対象として回答をいただいたのは、調査期間直近3ヶ月以内にネットショッピングで商品を購入した全国15歳以上の男女1,000人です。男女の割合は半分ずつ(男性500人・女性500人)で、年齢は10代・20代・30代・40代・50代・60代以上、それぞれ同じ割合にて調査を実施しました。



回答者のうち20代以上のクレジットカードの保有状況は、保有している方が86.8%、保有していない方が13.2%でした。年代が上がっていくほど保有率が上がることが分かります。



調査結果サマリー

アンケート調査からは、後払い決済に対する消費者の考え方や、ECサイトの初回利用時によく使われる決済方法の種類など、EC・通販事業者が対消費者戦略や売上向上に向けた取り組みを考えるうえで役立つさまざまな情報を得ることができました。以下ではアンケートの項目ごとに結果をご紹介します。

「後払い」はECサイトの印象アップに寄与している!特に若者からの印象が良い

調査対象者全体に「ECサイトを利用する際に「後払い」ができるとECサイトの印象は良くなると思いますか」とお聞きしたところ、全体の10.7%が「とても良くなる」、24.5%が「良くなる」と回答しており、35.2%の方が「後払い」に関して印象が良いということが分かりました。

また、年代別で見た場合には、15~19歳の49.4%、20~29歳の36.2%が「とても良くなる」または「良くなる」と回答しています。




後に考察でも述べますが、特に若い世代では、決済手段として後払い決済があるとECサイトの印象が良くなる傾向にあるので、EC・通販事業者が若年層を取り込むためには、後払い決済の導入が効果的であると考えられます。

「後払い決済」を使用したことがない消費者のうち32.4%が使ってみたいと思っている

調査対象者全体にネットショッピングで利用したことがある決済手段をたずねたところ、後払い決済を利用したことがない方は74.2%でしたが、この74.2%(742名)の方に、「あなたはECサイトを利用する際に「後払い決済」を使ってみたいと思いますか」とたずねたところ、10.4%が「思う」、22.0%が「やや思う」と回答しており、32.4%の方が後払い決済を使ってみたいと思っていることが分かりました。



消費者は希望する決済手段がないと、ECサイトから離脱して商品購入をやめてしまう場合があります。しかし、後払い決済を使ったことのない消費者のうち3割超の方が使ってみたいと回答していることから、後払い決済を導入しておくことで購入手続きの際の離脱を減らし、売上アップにつなげることが期待できるでしょう。

15~19歳の約半数は「後払い決済」を使ってみたい

前項のアンケートの結果を年代別に見てみると、15~19歳では後払い決済を使ってみたいと思う方の割合が特に高く、20代以上でも、25~30%の方が使ってみたいと思っていることが分かりました。



全年代を通して、使ってみたいと回答した方が一定数いることから、後払い決済の導入によって、幅広い年齢層のニーズに応えることができると考えられます。

「後払い決済」を使ってみたい理由

後払い決済を使ってみたいと思う方に、なぜ使ってみたいのか、その理由をたずねたところ、「商品が届いてからお金を払う安心感があるから」、「お金がすぐ用意できないときに便利だから」などの理由が挙がりました。また、各年代を通して「商品が届いてから支払える安心感」という意見が見られ、年齢が上がると「セキュリティ面での安心感」という意見も見られました。



実際には使ったことがない方でも、後払い決済に対してさまざまなメリットを感じていることが分かります。

初回利用のECサイトでのクレジットカード保有者の決済方法

20代以上のクレジットカードを保有している方に、「あなたが初めて利用するECサイトで、買い物をする際に使用する決済方法をお答えください」とたずねたところ、「クレジットカード」87.7%、「後払い決済(コンビニ払いなど)」12.8%、「電子マネー決済」10.2%の順に多くなっています。



クレジットカードを持っている方でも、それ以外の決済方法を使用する場合があることが分かりました。前項の調査結果を踏まえると、クレジットカード情報の登録の煩わしさやセキュリティ面、サイトへの信頼度の点で、後払い決済や電子マネー決済の利用につながっていると考えられます。

初回利用のECサイトでのクレジットカード未保有者の決済方法

一方で、20代以上のクレジットカード未保有の方に「あなたが初めて利用するECサイトで、買い物をする際に使用する決済方法をお答えください」とお聞きしたところ、「代金引換」36.4%、「前払い決済(コンビニ払いなど)」30.0%、「後払い決済(コンビニ払いなど)」25.5%の順に多くなっています。



次章では、以上のアンケート調査結果を踏まえて、ネットショッピングを手掛けるEC・通販事業者にとってポイントになる点や、後払い決済を導入するメリットについて考察していきます。

考察~印象調査から分かる「後払い決済」導入のメリットとは

ネットショッピングを利用する消費者の後払い決済に対する印象は良く、EC・通販事業者は、後払い決済を積極的に導入すべきといえます。

クレジットカードをあまり使わない、またはクレジットカードを持っていない消費者が、代引き決済や前払い決済と異なり「商品を確認してから支払えること」を後払い決済のメリットと感じていることが多く、またクレジットカードを所有していても、「家計簿が分かりやすい」というような消費者もいるため、後払い決済を導入すれば、クレジットカードの保有者・未保有者いずれのニーズにも応えることが可能です。

また、ネットショッピングにおいて「想像していた商品と違う」「注文した商品がちゃんと届くのか」と心配になる消費者も少なくないと考えると、「後払い決済」の導入は、消費者のネットショッピングへの不安を払拭できる方法のひとつでもあります。特にクレジットカードの情報入力の手間やセキュリティ面の安心感から、初めて購入するECサイトでの後払い決済利用のニーズは高く、年齢を問わず幅広い世代に対して後払い決済の導入が有効です。

このようなメリットや実際の調査から、後払い決済はクレジットカードの保有・未保有にかかわらず消費者から受け入れられやすく、特に初めて使うECサイトでは好まれやすい決済方法となっています。

ジャックス・ペイメント・ソリューションズでは、後払い決済サービスとして「アトディーネ」を提供しています。後払い決済サービスの導入を検討されている事業者は、ぜひジャックス・ペイメント・ソリューションズへお問い合わせください。

以下の資料では、本記事でご紹介した調査結果や、男女別/年代別などさらに詳しい調査結果をご紹介しています。後払い決済サービス「アトディーネ」についてもご紹介していますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

お役立ち資料

【2022年版】
消費者の 年代・クレジットカードの有無から見る!「後払い決済」印象調査

EC・通販事業者は、消費者がECサイトを利用する際の考え方や消費者の特性を理解し、適した決済手段を取り入れながら、新規顧客の獲得率向上に努めなければなりません。本記事では、後払い決済に関する印象調査の結果や、新規顧客獲得のためには後払い決済の導入が有効である理由、後払い決済が持つメリットについてご紹介します。

資料ダウンロード
このコラムを書いたライター
アトディーネ運営事務局
アトディーネは、ジャックスグループが提供する通販・EC事業者のための後払い決済サービスです。
アトディーネ運営事務局が、支払い業務に関連する情報をわかりやすく紹介します!